首都圏の中学受験について算数を中心に語っていきます
無料お試しコラム(1) その学校で本当に押さえられるの?(旧版)
2016年10月06日 (木) | 編集 |
※この記事は2015年に掲載されたもので、現在の受験状況とは異なります。

「本当にそこで押さえられると思っているの?」と目を疑いたくなるような併願パターンを組んでくるご家庭は毎年のようにあります。それでもなんとかなったりすることもありますが、とてつもない大炎上(サピ講師用語)するケースも少なくありません。そこで今回はよくある炎上パターンについてお話していこうと思います。

偏差値足りてればなんとかなるよ派

傾向などは一切考えず、偏差値が足りてさえいれば押さえになるだろうという発想です。偏差値が5以上上回っていれば力で押し切れますが、1~2程度ではかなり危険なのが現実です。そして今年度入試で一番危ないのが3日の鴎友です。鴎友は今年度から入試日程を変更するので、実際にどれだけの割合で合格者を出すか、ボーダーがどの辺りになるかは未知数です。受験者レベルも2日の豊島岡の結果次第で大きく変動する可能性があります。ですので偏差値58~59程度では鉄板とは言い切れないでしょう。特に1日にJGを受ける子は記述対策はあまりやらないでしょうから過信は禁物です。過去問の合格点もその時の受験者レベルから出されているものなのでそのまま適用出来ません。なので「JG→SFC→鴎友で鴎友が押さえ」というパターン等は数字よりも危険ですね。
後はJG→豊島岡→鴎友→豊島岡というパターンも怖いです。鴎友が翌日発表なので結果を見ないまま豊島岡に行くことになります。流石に最後の頌栄or洗足は止まると思いますが、最後まで怖い思いをすることになります。3日を東洋英和か学習院女子にする、または豊島岡は1回だけと割り切って4日に吉祥女子にする方が安全ですね。午後受験の広尾(医進サイエンス)や農大が進学先でもOKなら別ですが、58~9だとなかなか割り切れませんよね。

たくさん受ければなんとかなるよ派

(以下略)

新ブログで最新データに基づいた改訂版を掲載しています(こちらでの掲載していますが新ブログの方がリーズナブルです)。2017年度入試で一番危ない学校や「たくさん受ければ何とかなるよ派」の続きも掲載されていますので是非^^


関連記事


今回の記事はお役に立ちましたか?
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する