首都圏の中学受験について算数を中心に語っていきます
中学受験ママ育成講座(4) 偏差値は努力量には比例しない
2016年11月24日 (木) | 編集 |
今回は初心者ママが勘違いしがちな部分についてお話していきます。

やった分だけ成績が上がるのは最初だけ

受験勉強を始めた時は習うことの大半が新しい知識です。言い換えると他の子よりも不足している部分が大量にあるということで、それがどんどん埋まっていくわけですから当然成績は上がりやすくなります。ただしこれは能力そのものが上がっているのではなく、能力に見合った成績に近づいているだけなので、近づけば近づくほど伸びは鈍くなります。偏差値はあくまで相対評価ですので、努力量に比例して青天井でどこまでも伸びていくなんてことはないのです。
また入塾時期とは関係なく、6年よりも5年、5年よりも4年の方が伸びが大きくなる傾向があります。これは当たり前のことで、周りのライバルの学習量の総量が多くないからです。つまり短期間の努力で追いつきやすい環境にあるので、偏差値40→60のような劇的な上昇が可能になるのです。そして巷にある「偏差値◯◯からの逆転劇」の大半はこれなんです。6年になって偏差値40から60なんて首都圏模試のような母集団レベルが低いテストじゃないとほぼ無理ですね。

後半戦はいかに維持するかの勝負

有料ブログの「中学受験を斬る」の方ではメッセージ機能を利用した学習相談を承っているのですが、6年生の保護者の方からの相談で多いのが「一生懸命頑張っているのに成績が上がらない」というものです。そしてこの相談が典型的な「分かっていない」って奴なのです。海にグラス一杯の水を注いでも何も変わらないように、6年生の後半になるとちょっとやそっとの努力では一気に学力を向上させることは出来ません。また周りのライバルたちも追い込みを始めますから、努力量が同じならば立ち位置は動かないのです。つまり努力した分だけ学力は確実に伸びてはいるのですが、周りも同じ分だけ伸びていると偏差値は変わりませんから見た目上は成長していないように見えるわけです。
ところが「やった分だけ成績は上がる教」に4年生の頃に入信しているとそこが理解出来ないのです。酷いケースになると一生懸命頑張って成績をキープしている子に「この時期に伸びないなんてあんたサボってるんじゃないの?」なんて暴言を吐いたりしちゃうんですよ。

o0534154711971965593.jpg

ギレン総帥に大画面でお言葉を頂きました ※ガンダムのキャラです(^^;)
ちなみにスマホで見たらどんなサイズになるか全然チェックしていないので済みません(^^;)

本題に戻りましょう。4~5年生のうちに先取り学習や詰め込み学習でアドバンテージを得ていた子(学習量が少ない時期は有効な手なのです)は6年になると地力に勝る子の追撃を受けることになります。6年スタート時から10~15ぐらい落とす子は決して珍しくありません。6年後半は扱う問題の難易度が一気に上がってくるので、そこまではギリギリ耐えていた子も能力の限界で力尽きるからです。その中で成績を維持し続けることは並大抵のことではないのです。特にサピックス偏差値57~8ぐらいの努力根性型女子なんかは悲愴な子が多いですね。それ以上下がると御三家に届かなくなるので、とにかく下がらないように必死なんです。そしてそういう子たちには成績を維持したことを褒めてあげないといけないのです。

さてここまで読むと「6年になったら成績が上がらないんだから4年のうちに上げておかなきゃ!」と思われるかもしれませんね。ですがそれは必ずしも正しいわけではありません。4年のうちに上げれば良いというものでもないのです。しかしそれはまた別の話、別の機会にいたしましょう。
関連記事


今回の記事はお役に立ちましたか?
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村


コメント
この記事へのコメント
努力だけでは地力に勝るお子さんには
太刀打ちできないのでしょうか?

何とか維持したいと思っていますが、
普通の子は努力してもジリジリ下がるものと
親は考え、心積もりしておいたほうが賢明
でしょうか。

能力の限界は見極めることが難しそうです。
2016/11/26(土) 15:55:05 | URL | トーテンポール #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>トーテンポールさん

努力すれば何でも出来るという考え方を自分自身に向けるのは構わないと思いますが
それを自分以外に押し付けるのは「出来ないのは全部お前の努力不足だ」と言い放つのに等しいです。
努力すれば誰でも開成や桜蔭に入れ、その中でも努力すれば誰でも東大に入れる。そんなに甘いものではないですよ。
2016/11/26(土) 22:07:04 | URL | シナモン #NUJV8ylw[ 編集]
はい、その通りだと思っているので
どうしたものかと考えているところなの
です。

万が一受かったとしても入学後は
ついていけなくなると思っています。
入学後も見据えてどう向き合って
いけばよいのかと考えている次第
であります。
2016/11/27(日) 08:26:06 | URL | トーテンポール #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>トーテンポールさん

とりあえず受かってから考えてみましょう。
2016/11/27(日) 23:09:44 | URL | シナモン #NUJV8ylw[ 編集]
精神力が鍛錬されていきますね…

話は変わるのですが、学校説明会について教えてください。サピに通う四年生の男子がいるのですが、今年は第一志望予定の学校の学祭だけに子供と出かけました。親だけでは、数校の平日説明会に参加しました。
今後は、土日の学校説明会に子供もつれていくべきでしょうか。どのようにお考えでしょうか。
2016/12/03(土) 13:39:45 | URL | さくらあんぱん #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>さくらあんぱんさん

学校説明会で話される内容をお子さんが直接聞く必要があると思うのでしたら参加しても良いとは思いますが、個人的には必要ないと思います。別に説明会に行ったところで合格の可能性が上がるわけではありませんし、他に有意義な時間の使い方があると思います。
2016/12/08(木) 02:44:43 | URL | シナモン #NUJV8ylw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する